文字サイズ標準特大

環境への取り組み

持続可能な社会の実現に向け、
環境に配慮した取り組みを行っています。

マイバッグ運動

カワチ薬品では、2007年6月より、マイバッグ運動を推進しております。
お客様にご理解とマイバッグ持参のご協力を頂き、お蔭様でレジ袋辞退率は 80%を超えております(2021年3月現在)。
レジ袋を削減することは、原料である石油の使用量を抑えるとともに、家庭ごみに占めるレジ袋の廃棄量を減らすことで、焼却時に発生する二酸化炭素(CO2)の量を削減することに繋がります。
なお、レジ袋の有料化により得られた収益の一部は、環境保全に関わる団体へ寄附する等、社会貢献活動に取り組んでおります。

省エネ対策

省エネルギー対策に取り組み、使用電力の削減に努めております。
店舗設備の省電力化として、店内照明にLEDを導入、空調機器を高効率タイプに改修する等、順次取り組んでおります。
また、ESCO事業等への取り組みにより、エネルギー管理システムや、空調機・冷凍機インバータの制御等の省エネ設備を導入し、使用電力の効率化を図っております。
 

太陽光発電

地球温暖化防止に貢献することを目的に、本社屋や店舗に太陽光発電を設置しています。
現在、関東を中心に計17箇所で太陽光発電を実施し、地球環境にやさしいクリーンなエネルギーを創出しています。年間約478万kwhを発電(2020年度実績)

リサイクル活動

大切な資源を有効に利用するために、カワチ薬品ではリサイクル活動を行っております。
年間店舗から出る古紙は約52トン(2020年度実績)。これらは、専門業者によりカワチ薬品でお馴染みの商品であるトイレットペーパー(商品名「シエスタ」「ローリエ」)約17,000パック(18ロール1パック / シングル・60m)に生まれ変わっております。
また一般的に、1トンの古紙をリサイクルすることにより、緑の立ち木(高さ8m、直径14cm)を20本伐採することから守るといわれており、カワチ薬品では年間1,040本の立ち木を保護している計算となります。

「とちぎの元気な森づくり基金」への寄附

栃木県が推進する「とちぎの元気な森づくり」への取り組みに活用頂くため、「とちぎの元気な森づくり基金」への寄附を行いました。
この基金は、豊かな水や空気を育み安全で安心出来る県土をつくり、地球温暖化の防止にも貢献する等、大切な働きを持っている森林を元気にして、次の世代に引き継いでいくための事業に役立てられます。
この基金による主な事業として、

  • 森林を若返らせるための植栽や下刈り
  • 身近な里山林の整備
  • 森林ボランティアへの支援
  • 森林、森づくりの大切さについて理解促進を図る取り組みへの活用

等があります。

ページ
トップ