採用情報

採用FAQ

1.転勤はありますか?

当社の雇用形態は[エリア社員]と[ナショナル社員]に分かれており、希望する職種を選び勤務して頂きます。
[ナショナル社員]は、転居可能な方。他のエリアで様々な経験を積むチャンスがあります。
その際、社員寮は会社側が準備致します。
[エリア社員]は、拠点となる住所(自宅)から通える範囲内の店舗に配属となります。
通勤できない店舗には配属されません。
ご自宅以外の住所を拠点とする場合は、その際の住居費は自己負担となります。

2.薬剤師の平均年齢は?男女比率は?

調剤やドラッグストアの薬剤師と言えば、女性の仕事・職場のイメージが強いのですが、カワチ薬品の場合、2:1でむしろ男性の比率が高いのです。
平均年齢は男性37才・女性が32才、平均35.1才。ドラッグ・調剤業界の平均年齢よりやや高め、定着率が高い会社です。
これは、厚生貸付金制度や社員持株制度のおかげで生活基盤が安定し、仕事に打ち込める環境が整っていることが理由だと思われます。
また、限定勤務地制度や短時間勤務制度など、働き続けることができる環境が整っていることが理由です。

3.教育制度が充実していると聞いたのですが?

「人こそ動力」をモットーに、人材育成には力を入れています。まずは、流通業の最低限の知識を身に付けるための入社研修から。
さらにキャリアや職務内容に応じたステップアップ教育、スキルアップを図ります。
薬剤師の方には、OTC講座(eラーニング)を受講して頂きます。
また、調剤薬局を併設していない店舗に配属された場合でも、3カ月間の調剤研修を受けて頂いています。
ドラッグストアには、多種多様な情報や症例が集まります。
カワチ薬品ではこの情報を一元管理し、各店舗にフィードバックするために[DI室(DrugInformation室)]を設け、業務を側面からもバックアップしています。

4.患者様に対して、何かカワチ薬品独自のサービスをしていますか?

カワチ薬品にしかできないサービスは色々あります。買物拠点である店舗に薬剤師がいること自体が“独自”だと思います。
またDI室を通した情報提供や、調剤薬局での薬歴管理・時間毎包装・薬剤の形状変更もそうでしょう。
一部調剤薬局では、管理栄養士による栄養相談を行っています(無料・予約制)。
患者様お1人に約1時間ほどの時間を設け、栄養や献立作成から心の悩みに至るまで、様々なご相談を受け、アドバイスを差し上げています。
患者様には大変好評で、今後開局する各地区の調剤薬局でも順次導入を予定しています。
今後もカワチ薬品は、地域密着の「医療機関」としての付加価値向上に、積極的に取り組んでいくつもりです。

採用に関するお問い合わせ


 その他採用に関して何かご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
後日担当者より回答させて頂きます。
 なお、メールでの回答が難しいと思われる場合は、お電話にて対応させて頂きますので、
お手数ですが、電話番号の記入も併せて宜しくお願い致します。
 (※その他ご応募目的以外のお問い合わせは固くお断りさせて頂きます。)

採用に関するお問い合わせフォーム

※ お客様の個人情報は、SSL暗号化通信により保護されております。